2013年(平成25年)5月10日の創刊号からのバックナンバーをまとめてあります。
>>>メールマガジンバックナンバー一覧<<<


2017年11月8日水曜日

アドバイザリースタッフ研究会メールマガジン Vol.55

2013年(平成25年)5月10日創刊
>>>バックナンバー 一覧<<<

2017年11月6日発行
アドバイザリースタッフ研究会会員 様


◆お知らせ
①アドバイザリースタッフ研究会共催研修会 のお知らせ
②書籍 特別価格にて購入 のご案内
③機能性表示届出者養成講座 研究会会員割引 のご案内
◆行政ニュース
~~~健康食品によると思われる健康被害情報~~~
◆研究会活動報告
◆研修会・学会案内
◆会員の皆様へのお知らせ
◆編集後記
スポンサーリンク
今年も残すところ、2か月を切りました。
本当に、月日の経つのは早いものです。
木々の色合いも変わり、朝夕はめっきり寒くなり、街には、早々とクリスマスデコレーションも登場しました。
風邪・インフルエンザが流行り始めているようですので、ご自愛ください。

さて、10月29日開催の秋期研修会第2弾「スポーツニュートリション編」も、大盛況のうち、無事終了いたしました。当日は、2週続く週末の台風接近に見舞われ、ご参加いただいた皆さん、本当にご苦労様でした。
当研究会では、スポーツ栄養やサプリメントのアンチドーピングをテーマとして取り扱うのは初めてでしたが、非常に興味深い内容であり、他の地域でも同様の研修会を開く必要があると感じました。

今年は、これで研修会も終了と考えておりましたが、12月に日本食品安全協会様との共催による研修会の開催が急遽、決定いたしました。
また、メルマガ読者への特別企画もご用意しております。
詳しくは、「お知らせ」をご参照ください。

それでは、アドバイザリースタッフ研究会メールマガジン「第55号」を最後までお楽しみください。
>>>バックナンバー 一覧<<<
スポンサーリンク

――――――――――――――――――――――――
◆お知らせ①◆
アドバイザリースタッフ研究会共催研修会 のお知らせ
――――――――――――――――――――――――
日本食品安全協会 市民公開講座
“アドバイザリースタッフとしての社会的活動について”
++++++++++++++++++++++++++

日本食品安全協会との共催にて、市民公開講座を開催することに
なりましたので、ご連絡いたします。
当日は、当研究会世話人 大石順子 先生が、「私たちの活動を
通しての問題点と今後~薬剤師の立場から」と題して講演される
ほか、パネルディスカッションの司会進行を研究会代表世話人 
千葉先生が、共同で務めます。

◎研修会概要
日時:平成29年12月10日(日)
13時~16時40分(受付12時30分~)
会場:東京医科歯科大学 3 号館 2 階医学科講義室 1
入場料;無料

内 容:
第1部  基調講演
「機能性表示食品制度施行の2年半を振り返って(仮題)」 
FOOCOMネット主幹 森田 満樹 先生
第2部  私たちの活動を通しての問題点と今後
・薬剤師の立場から
大石順子 先生(静岡県薬剤師会 医薬品情報管理センター所長 )
・在宅医療問題にかかわって
小西光子 先生(健康食品管理士)
・沖縄の地域住民への啓発活動
仲程昭子 先生(日本食品安全協会理事)
(演題は全て仮題)
第3部 パネルディスカッション 
パネラー;森田満樹先生、大石順子先生、
小西光子先生、仲程昭子先生
司 会:長村洋一 先生、千葉一敏 先生

単 位:
健康食品管理士 5単位、
NR・サプリメントアドバイザー 5単位
食品保健指導士 1単位

申し込み;
事前申し込みが必要です
(定員に達しましたら締め切らせていただきます) 。

申し込みは、下記よりご確認ください。
http://www.ffcci.jp/information/info.php?seq=596



――――――――――――――――――――――――
◆お知らせ②◆
ナチュラルメディシン・データベース(15,000円)を
特別価格12,000円(税別)で。 期間は12月末まで。
――――――――――――――――――――――――

この度、機能性表示食品検定協会株式会社同文書院
(代表取締役 宇野文博)様のご厚意により、当研究会会員の
皆様にナチュラルメディシン・データベースシリーズを特別価格にて、
書籍をご購入いただけることになりました。

『健康食品・サプリメント[成分]のすべて2017ナチュラルメディシン』
は、米国のNatural Medicines Comprehensive Databaseをもとに、
日本の状況を踏まえ、日本医師会/日本薬剤師会/日本歯科医師会が、
監修を行い制作されたものです。

対象書籍
①健康食品・サプリメント2017▶2018  医薬品との相互作用事典
定価4,300 円(税別)→特別価格3,870 円(税別)

②健康食品・サプリメント[成分]のすべて
2017ナチュラルメディシン・データベース
「書籍とオンライン・データベースのセット」
 定価15,000 円(税別)→特別価12,000 円(税別)

③健康食品・サプリメント[成分]のすべて
2017ナチュラルメディシン・データベース
「普及版- 書籍」
 定価9,800 円(税別)→特別価7,840 円(税別)

④健康食品・サプリメント[成分]のすべて
2017ナチュラルメディシン・データベース
「オンライン・データベース」
定価12,000 円(税別)→特別価9,600 円(税別)

特別価格での販売は、2017年12月31日までです。
購入申し込みは、下記のURLを開き、申込書を印刷し、
必要事項をご記入のうえ、直接お申し込みください。
 

***************************
http://advisory-staff.org/201711_xacku/

パスワード:201711yybz
***************************



――――――――――――――――――――――――
◆お知らせ③◆
機能性表示届出者養成講座 研究会会員割引 のご案内
――――――――――――――――――――――――

この度、機能性表示食品検定協会様のご厚意により、当研究会会員の
皆様に「機能性表示食品届出者養成講座(WEBセミナー)」を
特別価格でご提供いただきましたので、お知らせいたします。

ネット生放送+録画視聴での、2018年1~4月開講(月2回
(日)13:30~18:30 全8回)の講座です。

通常価格150,000円(税別)ところ、
研究会会員特別価格 100,000円(税別)にてご提供いただける
とのことです。

講座内容及び申込み詳細は、下記よりPDFファイルを参照願います。


***************************
http://advisory-staff.org/201711_xacku/

パスワード:201711yybz
***************************


※機能性表示食品検定協会
https://www.kinoken.org/



――――――――――――――――――――――――――――――
◆行政ニュース (10月3日~11月5日)
――――――――――――――――――――――――――――――

◆機能性表示食品届け出状況  10月◆
(消費者庁 10月4日、10月6日、10月12日、10月13日、
10月18日、10月20日、10月25日、10月27日、10月31日)

消費者庁より、機能性表示食品の届け出状況が公表されています。
10月一カ月で47品目(No. C-179~C-225)が受理されました。

届出品目は、機能性表示食品の届出情報検索のデータベースで
確認できます。

https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/

検索ページの「届出日」のところに、 2015/04/01 ~ で検索をかけるとすべての届出のものが見られます。

平成29年度届出一覧は、下記にて確認ください。


***************************
http://advisory-staff.org/201711_xacku/

パスワード:201711yybz
***************************




(届出撤回情報)

10月10日付け
B425 「マグマグルコサミン」
日本薬品開発株式会社 ・・・・ グルコサミン塩酸塩
撤回理由「研究レビューの見直し」


10月12日付け
B26 「グルコサミンサプリ」
B124 「グルコサミンHG(ハイグレード)」
B270 「グルコサミンPrime(プライム)」
B466 「サプリメントシリーズ グルコサミン」
株式会社ファイン ・・・・ グルコサミン塩酸塩
撤回理由「SR見直しのため。」


10月19日付け
B465 「楽々てくてくグルコサミン」
フジッコ株式会社 ・・・・ グルコサミン
撤回理由「機能性関与成分名の記載に齟齬があったため。」


10月30日付け
B13 「ブルーベリーアイ Drink(ドリンク)」
株式会社わかさ生活 ・・・・ ビルベリー由来アントシアニン
撤回理由「販売終了のため」


10月31日付け
B85 「高純度!グルコサミン」
オリヒロプランデュ株式会社 ・・・・ グルコサミン
撤回理由「機能性関与成分名変更のため」





◆特定保健用食品の許可について◆ (10月10日 消費者庁)

消費者庁では、10月10日、健康増進法第 26 条第1項に基づき特定保健用食品の表示許可を行いましたので公表します。

今回許可を行ったのは、別紙の4件(うち規格基準型特保1件)です。


小林製薬株式会社 ・・・・ネオコタラノール
サントリー食品インターナショナル株式会社
・・・・難消化性デキストリン(食物繊維として)
花王株式会社 ・・・・ 茶カテキン (2品目)



詳細は、
http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/pdf/health_promotion_171010_0001.pdf




◆機能性表示食品制度における臨床試験及び安全性の評価内容の実態把握の検証・調査事業報告書の公表◆
(10月16日 消費者庁)

消費者庁から、本日10月16日、機能性表示食品制度における臨床試験及び安全性の評価内容の実態把握の検証・調査事業報告書(平成28年度事業)が公表されました。

報告書は下記より

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/foods_index_23_171025_0001.pdf




◆キッセイ薬品工業株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について◆ (10月19日 消費者庁)

消費者庁は、本日、キッセイ薬品工業株式会社に対し、同社が供給する健康増進法 第26条第1項の規定に基づく特別用途食品(以下「特別用途食品」といいます。) に係る表示について、景品表示法に違反する行為(同法第5条第1号(優良誤認)に 該当)が認められたことから、同法第7条第1項の規定に基づき、措置命令(別添参照)を行いました。


詳細は、
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_171019_0001.pdf




◆健康増進法に規定する特別用途表示の許可等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)についての意見募集◆
(10月26日 消費者庁)

10月26日、消費者庁より、健康増進法に規定する特別用途表示の許可等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)についてのパブリックコメントの募集が公表されました。

特定保健用食品(規格基準型)及び特定保 健用食品(再許可等)の審査に関し、食品安全委員会又は消費者委員会の意見を聴かなくてもよいことにするための改正です。

詳細は、
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=235080041&Mode=0




◆「特別用途食品の表示許可等について」の一部改正について◆
(10月30日 消費者庁)

消費者庁から10月30日付けにて、「特別用途食品の表示許可等について」の一部改正が行われました。

成分量が低含有の場合等、一定値で管理することが技術的 に困難である場合に限り、表示値の幅表示を行うことについての対応が必要であると判断したため、「特別用途食品の表示許可等について」 (平成29年3月31日消食表第188号)の一部を別紙新旧対照表のとおり改正しました。
運用は10月30日から。


新旧対照表
http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/pdf/health_promotion_171030_0003.pdf


改定に対するパブリックコメントの結果は、下記より
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000165678




◆インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に
対する要請について(平成 29 年7月~9月)◆
(11月2日 消費者庁)

消費者庁では、平成 29 年7月から9月までの期間、
インターネットにおける健 康食品等の虚偽・誇大表示の監視を
実施しました。
この結果、140 事業者による 153 商品の表示について、
健康増進法第 31 条第1 項の規定に違反するおそれのある
文言等があったことから、これらの事業者に対し、表示の改善を
要請するとともに、ショッピングモール運営事業者に対しても
表示の 適正化について協力を要請しました。

いわゆる健康食品 (カプセル、錠剤、 顆粒状等)【119 商品】の
違反事例

・脂肪燃焼、新陳代謝を向上、老廃物の除去の効果を有すること等を
標ぼうする表示
・女性ホルモンの活性化に働きかけ、美白美肌、更年期 障害の
軽減、高血圧や動脈硬化予防等に効果を有することを標ぼうする表示




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~健康食品によると思われる健康被害情報(第9回)~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国立栄研より公表された、健康食品、食品による健康被害のうち、
国内症例についてのみ掲載いたします。


個人輸入したアシュワガンダサプリによる
薬物性肝障害の症例(10月5日)

中学生時代から社交不安障害の既往がある20歳の男性が、
大学に進学後に症状が増悪したため、自己判断で処方薬を
不規則に内服。これに加えて、インターネット経由で個人輸入
したアシュワガンダを含むサプリメントの使用を開始した。
その翌年、ストレスを軽減させるためサプリメントを推奨
用量の2~3倍に増量して1ヶ月程摂取を続けていたところ、
黄疸と皮膚掻痒感が出現した。
医療機関の検査で肝機能障害が疑われ、アシュワガンダ
サプリメントを中止したが症状が遷延し、転院。抗ビリルビン
血症の増悪、胆汁栓が認められ、転院前に摂取していた
医薬品の中止をして加療を受け、改善にいたった。

肝臓 2017 58(8) 448-454




――――――――――――――――――――――――――――――
◆研究会活動報告
――――――――――――――――――――――――――――――

2017年秋期研修会(スポーツニュートリション編)開催報告

10月29日、紀尾井フォーラムにて、2017年秋期研修会
第2弾「スポーツニュートリション編」が開催された。

当日は、台風接近の大雨にもかかわらず、申込定員60名の方に参加いただき、熱気あふれる研修会となった。


当日の模様は下記より、
http://d.hatena.ne.jp/a-staff/20171104/p1




研修会記事の掲載

健康支援外来 創刊号(11月号)に、9月24日の
アドバイザリースタッフ研究会秋期研修会の記事を掲載して
いただきました。
「アドバイザリースタッフは病気にならない人を作る役割を担っている」

掲載記事は、こちらから
http://advisory-staff.org/hp/wp-content/uploads/2017/10/kenkousienngairai.pdf



★PR★★★★★★★★PR★★★★★★★★PR★★★★★

★  アドバイザリースタッフ研究会
★       メールマガジンのバックナンバー公開

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★ メールマガジンのバックナンバーの公開をいたしました。
★今まで発行した定期メールマガジンをすべて掲載しております。
★           ページのバナー広告も、ぜひ参照ください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★  アドバイザリースタッフ研究会メールマガジン 
★              バックナンバー集は
★   http://a-stuff2016.blogspot.jp/

★ (研究会ブログの左のバナーからもリンクしております)
★   http://d.hatena.ne.jp/a-staff/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


――――――――――――――――――――――――――――――
◆研修会・学会 案内
――――――――――――――――――――――――――――――

(11月11日~12月10日まで)

1.   健康食品管理士会北海道支部 秋季研修会
2.  日本臨床栄養協会 市民公開講座
3.  日本食品保健指導士会・秋期研修会 名古屋会場
4.  日本臨床栄養協会関東地方会
5. 「食と健康セミナー」
6.  日本食品保健指導士会九州支部 秋季研修セミナー
7.  健康食品管理士会中部支部研修会
8.  社福協 健康食品セミナー
9.  健康食品管理士会中国支部研修会
10.  健康食品管理士会東北支部研修会
11.  健康食品管理士会沖縄支部研修会
12.  日本食品安全協会 学術講演会

◆代表世話人が行ってみたい研修会・講演会
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



1.健康食品管理士会 北海道支部 秋季研修会/市民公開講座

日時 11月11日(土)
会場 TKPガーデンシティ帯広駅前 十勝グリーンホール
更新単位: 管理士=5単位、NRSA=3単位、指導士=1単位

内容
基調講演
「食品の脂質成分の機能性について」
帯広畜産大学生命・食料科学研究部門食品科学分野 教授 木下幹朗 先生
「健康科学における食機能情報の役割 〜保健機能食品の現状を踏まえて」
北海道情報大学医療情報学部 医療情報学科 准教授 本間 直幸 先生

詳細は、
http://www.ffcci.jp/information/images/1020171111-2.pdf




2.日本臨床栄養協会 市民公開講座

日時:11月12日(日)
場所:佐伯栄養専門学校
更新単位:NRSA=3単位

内容 腸内フローラとヒトの健康
講演 内藤 裕二 先生(京都府立医科大学 准教授)

パネルディスカッション
内藤 裕二 先生(京都府立医科大学 准教授)
 矢澤 一良 先生(早稲田大学 研究院教授)
 小森 美加 先生(ケイ・エス・オー 代表取締役 会長)

参加申込等の詳細は、
http://www.jcna.jp/jcna/jcna_seminar015.html



3.平成29年度日本食品保健指導士会・秋期研修会 名古屋会場

日時:11月18日(土)
会場:ウインクあいち 1210号会議室株式会社モロオ(北海道)
更新単位:指導士 1単位

講演内容
サプリメントに選択される剤型とその理由
三生医薬株式会社営業本部本社営業部 渡邉正範 先生

生命(健康)と糖鎖の関係
岐阜大学名誉教授 木曽真 先生

詳細は、
http://www.jfqao.jp/docs/201710/20171118_2.pdf




4.第15回日本臨床栄養協会関東地方会

日時:11月18日(土)
場所:昭和女子大学
更新単位: NRSA 5単位、管理士 5単位、指導士 1単位

講演
在宅患者の低栄養とは~栄養療法の重要性と対策~
医療法人社団悠翔会 機能強化型在宅療養支援診療所 理事長 佐々木淳 先生

在宅栄養指導に必要な知識と技術~口腔機能から見た
嚥下・咀嚼評価による指導の実際~
日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック 尾関麻衣子 先生

在宅訪問指導に必要な制度の理解と手続き
~必要書類の書き方・報告内容を事例により解説~
医療法人新都市医療研究会「君津」会 南大和病院 栄養科長 宮司智子 先生

詳細は、
http://www.jcna.jp/jcna/kanto_index.html




5.日本食品保健指導士会主催「食と健康セミナー」

日時:11月18日(土)
会場:レンタルキッチンスペース パティア赤坂店
更新単位:指導士 1単位

内容
講演
「疲労と抗疲労&食から広がる多世代交流
大妻女子大学短期大学部 教授 堀口美恵子 先生

ミニ講演
「牛肉で元気!!」
高橋畜産食肉株式会社 代表取締役社長 高橋勝幸先生

ワークショップ
「高橋さんが山形と宮城で育てたお肉 美味しく食べるサイエンス」


詳細は、
http://www.jfqao.jp/docs/201710/20171118.pdf




6.日本食品保健指導士会九州支部 秋季研修セミナー

日時 11月19日(日)
会場 パピヨン24 3F 9号会議室
更新単位 指導士 2単位 、 管理士 5単位

講演
未来資源チキン・キトサンの有効利用について
佐賀大学農学部医療科学講座食品科学分野 講師 関清彦 先生

がんと免疫とメタボの関連性
-基礎医学研究の方法論から探る可食機能成分-
大分大学医学部微生物学 准教授 伊波英克 先生

申込など詳細は
http://www.jfqao.jp/docs/201710/20171119.pdf




7.健康食品管理士会中部支部研修会

日時:11月26日(日)
会場:岐阜大学サテライトキャンパス
更新単位:管理士=5単位、NRSA=3単位、指導士=1単位

講演 
教育講演 「妊婦の栄養と胎児の発育 ~産まれる力を育むために~」
岐阜医療科学大学助産学専攻科 講師 森 仁美 先生

教育講演「葉酸の食事摂取基準策定の根拠
~葉酸代謝と妊婦の葉酸必要量~」
甲南女子大学教授 柴田 克己 先生

詳細は
http://www.ffcci.jp/information/images/1320171126.pdf




8、社福協 第39回健康食品セミナー

日時:11月29日(水)
会場:社福協3F会議室
更新単位: NRSA=5単位

講演
「ストレスと脳腸相関」
東北大学大学院医学系研究科 行動医学 教授 福土 審先生

「心の病と栄養 ~腸-脳相関を踏まえて~」
国立精神・神経医療研究センター神経研究所
疾病研究第三部部長 功刀 浩 先生 

詳細申し込みは、
https://www.kenshoku-forum.jp/forumSeminar/seminarDetail/18




9、健康食品管理士会中国支部研修会

日時 12月3日(日)
会場 広島国際大学広島キャンパス300号室
(サテライト会場)
岡山大学医学部保健学科 204講義室
山口大学医学部保健学科研究棟 会議室2
更新単位 管理士 5単位

講演
「遺伝子で決められたあなたの運命は変えられるか」
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻
生体情報科学講座教授 岩谷良則 先生

「腎疾患予防と医療 中国各県の特徴
~大規模調査からみた栄養面・臨床検査値を中心に~」
広島国際大学医療栄養学部医療栄養学科教授 尾形聡 先生

詳細は
http://www.ffcci.jp/information/images/1520171203.pdf




10.健康食品管理士会東北支部研修会

日時 12月3日(日)
会場 東北福祉大学 仙台駅東口キャンパス6F63教室
更新単位 管理士 5単位

講演
「食品の安全~食品に関する事件の歴史と食中毒を中心に~」 
いわき明星大学薬学部薬学科 教授 櫻井 映子 先生

「デジタルカメラを用いた食品の品質評価法の開発」
尚絅学院大学総合人間科学部健康栄養学科 教授 赤坂 和昭 先生

詳細は
http://www.ffcci.jp/information/images/1120171203.pdf




11.健康食品管理士会沖縄支部研修会

日時 12月10日(日)
会場 琉球大学法文学部新棟215 大講義室2階
更新単位 管理士 5単位

講演
「楽しく動いて脳活・筋活~認知症予防と転倒予防の実践で健康長寿~」
浦添総合病院健診センター 仲眞 迅 先生

「きのこと健康」
琉球大学農学部亜熱帯生物資源科学科
生物機能開発学分野 教授 高畠 幸司 先生

詳細は
http://www.ffcci.jp/information/images/1820171210.pdf




12.日本食品安全協会学術講演会
(アドバイザリースタッフ研究会共催)

日時: 12 月 10 日(日)
会場:東京医科歯科大学 3 号館 2 階医学科講義室 1
更新単位 管理士 5単位、NRSA 5単位、指導士 1単位

第 1 部  基調講演
「機能性表示食品制度施行の2年半を振り返って(仮題)」 
FOOCOMネット主幹 森田 満樹 先生

第 2 部  私たちの活動を通しての問題点と今後
・薬剤師の立場から
大石順子 先生(静岡県薬剤師会 医薬品情報管理センター所長 )

・在宅医療問題にかかわって  
小西光子 先生(健康食品管理士)

・沖縄の地域住民への啓発活動  
仲程昭子 先生(日本食品安全協会理事)
(演題は全て仮題)

第 3 部 パネルディスカッション 
パネラー
 森田満樹先生、大石順子先生、小西光子先生、仲程昭子先生

司 会 長村洋一 先生、 千葉一敏 先生

詳細は、
http://www.ffcci.jp/information/info.php?seq=596




――――――――――――――――――――――――――――――
◆代表世話人が行ってみたい研修会・講演会
――――――――――――――――――――――――――――――
国立健康・栄養研究所オープンハウス2017

日時: 11月18日(土)9:30~16:00
会場:国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
国立健康・栄養研究所

内容:
食生活・健康体力診断、骨密度(簡易型)測定
 所内見学ツアー、パネル展示
 健康食品に関する相談
 健康・栄養に関する講演
 フィットネス体験

詳細は、
http://www.nibiohn.go.jp/eiken/info/pdf/openhouse2017.pdf




第4回 日本薬膳学会学術総会

日時:11月19日(日)11:00~17:20
場所:鈴鹿医療科学大学 白子キャンパス

内容
市民公開講座 
健康寿命を伸ばす生活習慣(運動・栄養・休養)をどう考えるか
城西国際大学 薬学部 教授 太田 篤胤 先生

薬膳ランチセミナー
健美和膳(心も体も温まる薬膳弁当)
鈴鹿医療科学大学保健衛生学部 教授 髙木 久代 先生

大会長講演
保健機能食品のエビデンスとその活用による健美和膳の将来像
鈴鹿医療科学大学 副学長 長村 洋一 先生

教育講演Ⅰ
漢方専門医の視点から薬膳をとらえる
 鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 教授 西村 甲 先生

教育講演Ⅱ
時間栄養学の魅力
早稲田大学 先端生命科学センター 柴田重信 先生

参加等詳細は、
http://yakuzen.jpn.org/meeting/




健康食品の情報収集に関するセミナー

日時 12月7日(木) 14時30分~16時45分
場所 (公財)日本健康・栄養食品協会 会議室

講演1
健康食品の安全性・有効性に係る情報収集ツール・
情報源のあれこれ
日健栄協 健康食品部 部長 永留佳明 先生

講演2
健康食品素材の安全性確認方法の実例と
その評価の活用 ~健康食品の摂取目安量の設定ポイント~
日健栄協 健康食品部 大屋 幸江 先生


申込詳細は、
http://www.jhnfa.org/news-0169.html




――――――――――――――――――――――――――――――――
◆会員の皆様へのお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――
アドバイザリースタッフ研究会では、活動に参加していただける皆様を広く募集中です。

■「全国の健康食品相談のできるアドバイザリースタッフ」リスト 参加者の募集■

リストに登録した皆さんのもとに、消費者からの相談が届きはじめているようです。
http://advisory-staff.org/guidance/ をご覧ください。




■講演会・研修会 モニター募集(図書カードプレゼント付)■

アドバイザリースタッフ研究会では、講演会モニターを募集します。
http://advisory-staff.org/guidance/#a002
をご覧ください。




■会員情報の変更について■

メールアドレスの変更は以下よりお願いします。
http://advisory-staff.org/guidance/#a004
をご覧ください。




▼メールトラブルを防ぐためのお願い▼

A-Staff研究会のドメイン名「@advisory-staff.org」が迷惑メールに分類され、はじかれないように、メール設定をお願いします。
http://advisory-staff.org/guidance/#a007
をご覧ください。
>>>バックナンバー 一覧<<<
スポンサーリンク

編集後記

メルマガVol.55を最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今回のメルマガは如何でしたか。
「アドバイザリースタッフ研究会」は、本メールマガジン読者のみなさんのための研究会です。多くの情報を提供するうえでも皆さんの協力がなくては成り立ちませんので、ぜひともご協力の程よろしくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
10月29日の研修会は、台風の影響で、当日の朝まで開催ができるのか、不安をいだいておりましたが、なんとか、台風の関東上陸を免れ、研修会を無事終了することができました。
天候ばかりは、いかにしても、何ともなりません。

そんな、天候(大雪)の気になる(2018年)2月18日に、当研究会初の北海道(札幌)での研修会を開催することが決定いたしました。
詳細は、来月のメルマガで紹介できると思います。
現在、研修会の詳細を詰めているところです。

今回は、アドバイザリースタッフ研究会、北海道初上陸ということで、私も一演題、お話しをさせていただく予定です。
「いまさら人に聞けない『健康食品を取り巻く法律』講座」と題して、ここ2、3年の健康食品行政について解説したいと思っています。
以前より、東北・北海道での研修会開催のリクエストが多く寄せられていましたが、やっと実現することとなりました。

ぜひ、北海道の皆さん、参加の程よろしくお願いいたします。

さて、10月19日、特別用途食品の景品表示法違反による措置命令が出されました。これは、昨年秋のトクホの関与成分が入っていないということに端を発して、特別用途食品についても調査があり、唯一対象成分が多い、ということで販売を中止した商品でした。
その当時は、健康増進法、景品表示法ともに、措置命令等が出ませんでしたが、1年たって措置命令が出されたものです。
課徴金の対象とするということなのでしょうか。

課徴金、景表法違反の措置命令ということでは、機能性表示食品の「葛の花由来イソフラボン」を関与成分とする製品を販売する各社の謝罪広告が多く見られますが、これら謝罪広告を出したものは、課徴金がかけられないのか、あるいは景品表示法の措置命令が出されないのかも、注目されるところです。



それでは、今年もあと2か月、やり忘れの整理に皆さん励みましょう。(KC)



~・・~・・~・・~・・~・・


メルマガに対するご意見、ご要望をお待ちしております。
メールアドレス info@advisory-staff.org
件名:メールマガジン投稿・意見・感想
に、お願いいたします。

------------------------------------------------------------
アドバイザリースタッフ研究会
研究会ブログ→ http://d.hatena.ne.jp/a-staff/
研究会HP→ http://advisory-staff.org/
※※このメールの転送・転載を禁止します※※
>>>バックナンバー 一覧<<<

0 件のコメント:

コメントを投稿